TFC

 ■ お急ぎの方へ
 ■ よくあるご質問
 ■ ご葬儀セットプラン
 ■ ご葬儀の事例
 ■ 小金井市家族葬事例
 ■ 小金井市市民葬
 ■ 西東京市市民葬
 ■ 一日葬
 ■ 福祉葬
 ■ お客様の声
 ■ 斎場のご案内
 ■ メディア紹介
  − 出版しました
  − 売れすじ大賞掲載
  − 月間消費者掲載
  − 週刊エコノミスト掲載
 ■ おもてなし
   料理
   返礼品
 ■ 葬儀コンセプト
 ■ 神式
 ■ 友人葬
 ■ 無宗教
 ■ 散骨・海洋葬
 ■ オリジナル演出
 ■ 葬儀見積依頼
 ■ 会社案内

 プライバシーポリシー



   葬儀の事はわからないことばかり...
   もしもの時...まず何をしたらいいの?


[  危篤/逝去の時 ご安置 お通夜 葬儀/告別式 法要と仏事 返礼品/位牌/仏壇/お墓 ]

  危篤時は、誰に連絡したら良いのでしょうか?

  あらためて考えてみると連絡先が分からなかったり、知らせる範囲の線引きが難しいことに気が
  つきます。

  ● 連絡する先を決めて、電話番号を把握しておきましょう。

    「最期に立ち会えなかった・・・」と、後で責められたり、
    「連絡が広範囲に及び過ぎて、病院に一同参集」し、
    迷惑をかけてしまうような事態は避けたいものです。


  病院などで亡くなった場合、その後の流れと手順はどうなるのでしょうか?

  施設ごと違いがありますが、霊安室への移動や故人の引取りを促されます。    

  ● 葬儀社を決めて、故人を引き取り自宅もしくはそれ以外に搬送します。

    病院などで葬儀社を紹介されることもありますが、
    その葬儀社に依頼しなければいけないということはありません。
    落ちついて葬儀のことも踏まえながら安置先と葬儀社を決めましょう。

  ★ お手伝いさせていただくことの一例

  病院など、ご逝去先にお迎え ・・・故人のご移動用に車輌を用意します。
  安置先の相談や日程調整   ・・・自宅や式場や安置施設などが候補にあがります。
  出発時の確認        ・・・ご挨拶、死亡診断書、精算、病室の荷物整理などが
                   あります。


  病院などから自宅に帰れない場合の流れは、どうなるのでしょうか?

  火葬場の安置施設や式場の安置施設・等をご案内いたします。

  ● 故人を安置施設にご安置します。

    安置施設をご案内いたしますので、お葬式のことも踏まえてお選びください。
    ドライアイスで故人をお守りします。

  ★ お手伝いさせていただくことの一例

  ドライアイスの手当て  ・・・手当てを行い身なりを整えます。。
  お参りの準備      ・・・お線香などの道具一式を準備してお参りいただきます。


  病院などから自宅に故人を連れ帰った際の流れは、どうなりますか?

  ご自宅にどなたかがいらっしゃれば、布団などの準備をお願いしましょう。

  ● 故人を自宅の布団などにご安置します。

    北または西枕にお寝かせすると言われますが、お線香などをあげるお参りスペースに支障が出ない
    程度が良いでしょう。その後にドライアイスの手当やお線香などを準備します。

  ★ お手伝いさせていただくことの一例

  お部屋やスペースなどの確認 ・・・お運びするルートなどを確認します。
  故人のご安置        ・・・シーツの用意やお布団などにお寝かせします。
  ドライアイスの手当て    ・・・手当てなど行い身なりを整えます。
  お参り道具の設置      ・・・お線香などの道具一式を準備してお参りいただき
                   ます。
  枕花の手配         ・・・ご要望に応じて枕花を手配します。


  故人を安置した後は、どのような流れになりますか?   

  落ちつきましたら葬儀の段取りを進めます。         

  ● お葬式の打合せを行います。                

★ お手伝いさせていただくことの一例

・葬儀の規模、形式(宗教)・式場などの決定 ・宗教者のご都合を確認して日程の決定
・お写真の選定(雰囲気やピントなどを確認) ・死亡届の作成補助(コピーや火葬許可証の取得)
・葬儀の規模、形式(宗教)・式場などの決定 ・宗教者のご都合を確認して日程の決定
・車輌(霊柩車、マイクロバスなど)の手配  ・料理、返礼品などの手配
・供花・供物などの手配           ・葬儀費用のお見積り
・菩提寺のない方へは、僧侶の手配など

    ※ 当社のお見積りシステムでは、追加料金など、ほとんど発生しないようになっております。



[  危篤/逝去の時 ご安置 お通夜 葬儀/告別式 法要と仏事 返礼品/位牌/仏壇/お墓 ]


  ご遺族の方が把握しておくと良いこと

  お通夜では式場全体の流れや着席順、供花の札名とその順番などを確認していただきます。
  その他、タイミングを計りながら参列者や宗教者へのご挨拶「スタッフがご案内」も行うようになります。

  式場の準備などで遺族が行うことはあるのでしょうか?

  式場の準備・焼香所や受付や休憩室などを整えてお迎えいたします。       

  ● 入口から式場・控室まで全体の流れを確認しましょう。            

  喪主・親族・参列者などの御席や、供花や供物についてご確認いただきます。

 ★ お手伝いさせていただくことの一例

 式場、受付、返礼所の準備   ・・・祭壇や供花・供物の設置、受付・返礼所などを準備
                   します。
 着席順、焼香作法などのご説明 ・・・御席の序列や焼香の流れ・などをご説明します。
 供花の札名、順番の確認    ・・・祭壇のまわりにご指定順で設置します。
 宗教者との打合せ       ・・・宗教者にご挨拶し、式次第を確認します。
 料理、飲物の準備       ・・・ご要望や人数の想定にあわせてご用意します。
 配膳係員の手配        ・・・会食室で湯茶の接待や配膳などをお手伝いします。


  お通夜の時間に遺族は何を注意すればよいでしょうか?

  式の運営、遺族・親族・参列者のご案内等は、お任せください。

  ● 儀式に集中しながら参列者へも目配りしましょう。

  ご焼香後は一般の参列者にどのような方がお越しになっているか可能な範囲で把握して、
  式の後で個別にご挨拶するのが良いでしょう。「一般葬」の場合

 ★ お手伝いさせていただくことの一例

 お通夜の司会進行   ・・・開式から閉式までを進行します。
 喪主、親族のご案内  ・・・タイミングにあわせてご焼香などをご案内します。
 参列者のご案内    ・・・順番にご焼香を促します。
 料理、飲物などの確認 ・・・想定を超えた場合などは、ご相談の上で柔軟に対応します。
 御礼状、返礼品の確認 ・・・用意している数量が足りているかなどを随時確認します。


  お通夜が終わってから翌日の葬儀に向けて準備はありますか?

  祭壇まわりから受付の備品などまで、葬儀・告別式の準備を行います。

  ● 明日の葬儀に備えてもろもろ確認しましょう。

  個別のご挨拶などが落ち着いた所で葬儀・告別式に向けての確認を行います。
  親族の参列人数などについ確認させていただきます。

 ★ お手伝いさせていただくことの一例

 接待状況の確認      ・・・適量の料理が出ているかなどを確認します。
 御礼状・返礼品の残数確認 ・・・明日の葬儀分が不足しないかなどを検討します。
 弔電の確認        ・・・読み上げる弔電のお名前を確認しルビをふります。
 親族の葬儀参加人数を確認 ・・・火葬場に向かう車輌・御膳の用意などから確認が必要
                 になります。
 棺に納めるものを用意   ・・・愛用品や一緒にお納めする物を確認します。
 出棺挨拶の準備を確認   ・・・喪主または代表者が文面などの準備でお困りでないか
                 確認します。



[  危篤/逝去の時 ご安置 お通夜 葬儀/告別式 法要と仏事 返礼品/位牌/仏壇/お墓 ]


  葬儀の式場についたら遺族は何をしたら良いでしょうか?

  祭壇まわりから受付の備品までセッティングをしてお迎えします。

  ● 葬儀中の挨拶から火葬場へ出発するまでの流れを確認しましょう。

  ご焼香までの流れはお通夜と同様になりますが、葬儀の日は弔辞・弔電の読上げ、最期のお別れや喪主の
  挨拶、火葬場へ向け出棺といった流れが加わります。

 ★ お手伝いさせていただくことの一例

 弔電の確認       ・・・弔電を読上げる方のお名前を確認します。
 霊柩車、バスなどの確認 ・・・人数にあわせて必要台数をご用意します。
 喪主挨拶の確認     ・・・タイミングとマイク調整などを行います。
 火葬場同行者の確認   ・・・親族中心に人数を確認します。
 御膳、飲物の準備    ・・・精進落とし・などの手配を確認します。


  故人との最後の時間である葬儀にどのように臨めばよいでしょうか?

  式の運営、遺族・親族・参列者のご案内等は、お任せください。

  ● 儀式・挨拶・最期のお別れなどに集中しましょう。

  葬儀の日は、できるだけ実務に追われることなく、故人のことを想う時間を長くとりましょう。
  愛用品などお持たせしたい物を忘れていないか、確認します。

 ★ お手伝いさせていただくことの一例

 葬儀の司会進行     ・・開式から閉式までを進行します。
 喪主挨拶のご案内    ・・大変な時ですから、原稿を見ながら行なっても良いとされて
               います。
 最期のお別れのサポート ・・お花や愛用品を納めお別れをします、
 出棺、車輌の準備    ・・出棺の準備をして車輌を配置します。
 火葬場のご案内     ・・火葬許可証を確認し最寄りの火葬場へ向かいます。
 御膳、飲物などの準備  ・・故人にお供えする供養膳をはじめ、指定の御膳・料理をご用
               意します。


  火葬場に向かった後の流れが分からなくて不安です。

  火葬後の法要・会食の準備から、自宅でのご遺骨の祀り方まで全てお任せください。

  ● 火葬場から戻ってからの流れを確認しましょう

  地域により違いがありますが、火葬場から戻り、精進落としなどを用意して親族や係員の労(一般葬の
  場合)をねぎらいます。
  ご遺族がご列席の皆様に感謝する側の席になりますので、立ち居・振舞いに注意が必要です。
  また、自宅に帰られてからご遺骨を祀る棚(後飾り段)もご用意いたします。

 ★ お手伝いさせていただくことの一例

 待ち時間の飲食を確認   ・・・待ち時間にあわせてつなぎとなる飲食物を用意します。
 拾骨のご案内       ・・・火葬場ごとにルールがあります。
 式場へ戻る車輌の確認   ・・・移動がスムーズに行えるように配慮します。
 御膳、飲物の確認     ・・・精進落としの準備状況・数などを確認します。
 葬儀後のサービスをご案内 ・・・葬儀にとどまらずその後のこともサポートします。


[  危篤/逝去の時 ご安置 お通夜 葬儀/告別式 法要と仏事 返礼品/位牌/仏壇/お墓 ]



  法要とは追善供養ともよばれます。この世に残された者が、故人の冥福を祈る行事です。

 ◆ 忌日と忌明け
  仏教では、人が死ぬと七日ごとに七回、閻魔大王に裁判で生前の功徳を裁かれ、四十九日目に判決が
  言い渡されると言われています。
  裁判の日を忌日といい、四十九日目の判決の日が忌明けとされます。

 ◆ 七七日忌(四十九日忌)
  故人の霊が極楽浄土へ行けるかどうかが決まると言われている四十九日目に、死者の成仏を願いなが
  ら行なう「忌み明け」の法要は、僧侶や近親者、故人の知人・友人を招いて比較的、盛大に行なう事が
  多いようです。

 ◆ 年忌法要と月忌法要
  年忌法要とは死亡した翌年に行なう一周忌をはじめとして、二年目に行なう三回忌、七回忌、十三回忌、
  十七回忌、二十三回忌、二十七回忌、三十三回忌、五十回忌、百回忌と続きますが、三十三回忌を区切
  りとすのが一般的のようです。
  毎年の命日を祥月命日といい、毎月の命日を月忌といいます。


 ★ 本位牌の準備
  葬儀のときから安置していた白木の位牌は、お寺に納めるので、代わりに本位牌(黒塗りの位牌など)
  を用意します。

 ★ 法要の日どりの検討
  故人の命日か、それより前の日で、招待客が集まりやすい日を選びます。

 ★ お寺への依頼
  なるべく早めにお寺に連絡します。できれば、施主(中心者)がお寺に出向いて直接お願いするように
  します。

 ★ 石材店への依頼
  納骨時は、石材店の方が立ち会うのが通常です。日時が決まり次第、お願いするようにします。

 ★ 法要と会食の場所の決定
  法要は自宅やお寺で行なう事が一般的ですが、ホテルなどで行なうケースも増えてきました。

 ★ 案内状の発送
  法要の日時・場所が決まったら、電話または、ハガキで連絡を行ないます。

 ★ 引出物の用意 
  引き出物は「先祖からの心づくし」として用意するものです。表書きは、粗供養か志など、重たいもの
  は、避けましょう。

 ★ 移動方法などの準備 
  お寺、お墓からホテルなどへ移動するのであれば、バスなどを頼んでおきましょう。




[  危篤/逝去の時 ご安置 お通夜 葬儀/告別式 法要と仏事 返礼品/位牌/仏壇/お墓 ]



お位牌の事 お仏壇の事 香典返しの事

お墓の事    


[  このページのトップへ ]







最終更新日  2016.3.20